So-net無料ブログ作成
検索選択

はやぶさ 回収カプセル、18日日本へ 未開封でCT撮影(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルを大気圏での加熱から守った耐熱カバーを、オーストラリアのウーメラ砂漠で回収したと発表した。はやぶさ帰還地での回収作業は終了し、これらを日本で分析する。

【最後の1枚】はやぶさが最後に撮影した故郷・地球の姿

 カプセルはチャーター機で18日、日本に運ばれる。未開封のままCT(コンピューター断層撮影)で内部の真空状態が保たれているかなどを確認。続いてカプセルの開封に取り掛かる。試料用容器が入った小箱のふたを開くまで約1週間、その中の容器内を見るまでさらに約1週間かかる。

 慎重に調べるため、イトカワ(全長約540メートル)で採取したとみられる物質の有無が確認できるまで半年程度かかる可能性もある。

 一方、JAXAは15日、はやぶさの成果をギネスブックに申請した。(1)月以外の天体に着陸し、史上初めて帰還した宇宙機(2)世界で最も長い航海(2592日)から帰還した宇宙機−−の2件。さらに▽最も長距離(約60億キロ)の航海から帰還した宇宙機▽世界で最も長時間、動力飛行した宇宙機−−の2件でも追加申請を検討している。【山田大輔、ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】

【関連ニュース
はやぶさ写真特集】最後は“流れ星”に…はやぶさ打ち上げから地球再突入、カプセル回収まで
みんな泣いた】「ぼくは流れ星になるよ」……はやぶさ君自身が語る7年間・60億キロの旅
【胸を張れる日本の宇宙開発】日本初の金星探査機「あかつき」、宇宙ヨット「IKAROS」打ち上げ
【後継機は?】はやぶさ帰還、カプセル回収 技術伝承、予算の壁
【後継機は?】後継機「はやぶさ2」開発推進へ 参院本会議で菅首相

【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(4)(産経新聞)
<人事>東京ヘレン・ケラー協会(毎日新聞)
「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
次期中国大使に丹羽氏有力 戸惑う中国側「日本側の意図がわからない」(産経新聞)
建築基準法令違反、認知症GHの15%―国交省(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

しぃちゃん

ち ん ぽ 貸 し た ら 10 万 く れ た
yahoosearch.me/ent/i1slday/
by しぃちゃん (2010-07-15 03:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。