So-net無料ブログ作成
検索選択

普天間移設、「地元了解抜きの合意せず」首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相と自民党の谷垣禎一総裁による党首討論が31日、行われた。

 首相は米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設問題について腹案があると表明した。そのうえで「現地の了解なくして、案を進めるわけにはいかない。現地の了解を取り付けなければならない」と述べ、移設先の地元の了解がなければ日米合意はできないとの認識を示した。

 谷垣氏は首相の腹案をただしたが、首相は「県外、県内と言われてもお答えできない。(現時点では)腹案を国民におおっぴらにすることはできない」と拒否した。

 また首相は、「普天間の危険性除去は2014年(平成26年)より遅れることはできない」と語った。

 谷垣氏は首相に対し、5月末までに普天間移設問題が解決できなければ退陣するか、衆院の解散総選挙で国民に信を問うよう要求した。

 また谷垣氏は、首相や閣僚、民主党幹部の一連の不祥事を追及した。

 首相と公明党の山口那津男代表の党首討論も行われた。

【関連記事】
普天間移設 首相の無定見は目に余る
普天間移設に反対強調 候補地、徳之島の3町長
鳩山首相、普天間移設「最終的に5月末までに…」
普天間移設案「慎重に検討」と米国務省高官
普天間移設 辻褄合わせは国益を失う
あれから、15年 地下鉄サリン事件

産経志塾「立派な日本人が日本をつくる」(産経新聞)
満額支給、修正を示唆=子ども手当、給食費にも−仙谷戦略相(時事通信)
嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精−千葉法相(時事通信)
福島党首「グアム移設時間かかる」主張を軟化(読売新聞)
<治安改善支援>紛争後に警察OB派遣 まずスリランカ(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。