So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

はやぶさ 回収カプセル、18日日本へ 未開封でCT撮影(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルを大気圏での加熱から守った耐熱カバーを、オーストラリアのウーメラ砂漠で回収したと発表した。はやぶさ帰還地での回収作業は終了し、これらを日本で分析する。

【最後の1枚】はやぶさが最後に撮影した故郷・地球の姿

 カプセルはチャーター機で18日、日本に運ばれる。未開封のままCT(コンピューター断層撮影)で内部の真空状態が保たれているかなどを確認。続いてカプセルの開封に取り掛かる。試料用容器が入った小箱のふたを開くまで約1週間、その中の容器内を見るまでさらに約1週間かかる。

 慎重に調べるため、イトカワ(全長約540メートル)で採取したとみられる物質の有無が確認できるまで半年程度かかる可能性もある。

 一方、JAXAは15日、はやぶさの成果をギネスブックに申請した。(1)月以外の天体に着陸し、史上初めて帰還した宇宙機(2)世界で最も長い航海(2592日)から帰還した宇宙機−−の2件。さらに▽最も長距離(約60億キロ)の航海から帰還した宇宙機▽世界で最も長時間、動力飛行した宇宙機−−の2件でも追加申請を検討している。【山田大輔、ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】

【関連ニュース
はやぶさ写真特集】最後は“流れ星”に…はやぶさ打ち上げから地球再突入、カプセル回収まで
みんな泣いた】「ぼくは流れ星になるよ」……はやぶさ君自身が語る7年間・60億キロの旅
【胸を張れる日本の宇宙開発】日本初の金星探査機「あかつき」、宇宙ヨット「IKAROS」打ち上げ
【後継機は?】はやぶさ帰還、カプセル回収 技術伝承、予算の壁
【後継機は?】後継機「はやぶさ2」開発推進へ 参院本会議で菅首相

【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(4)(産経新聞)
<人事>東京ヘレン・ケラー協会(毎日新聞)
「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
次期中国大使に丹羽氏有力 戸惑う中国側「日本側の意図がわからない」(産経新聞)
建築基準法令違反、認知症GHの15%―国交省(医療介護CBニュース)

進む「小沢外し」…「組閣本部」は3日から始動(読売新聞)

 菅新首相(民主党代表)は内閣・党役員人事で小沢幹事長と距離を置く議員を要職に充てる方針だ。

 「脱小沢」の動きに対し、党内では警戒や反発も広がっている。

 4日、国会から民主党本部まで慌ただしく動き回った菅氏は、その日程の合間を縫うように、官房長官への起用が固まった仙谷国家戦略相、党幹事長に内定した枝野行政刷新相との3人での会談を重ねた。

 「完全に3人でやっている。何も入ってこない」

 中堅議員は、人事や党運営の情報が漏れてこないことを恨めしそうに嘆いた。

 菅氏は「人事は白紙」と強調、週明けに先送りしたが、3日夜には東京都内のホテルで仙谷、枝野両氏とひそかに会談、「腹案」を伝えていた。3氏による事実上の「組閣本部」は既に始動していたのだ。

 3氏は1996年に旧民主党が結党された時の「オリジナル民主党」メンバーだ。菅氏は「官房長官、幹事長、国会対策委員長がしっかりしていれば長期政権が狙える」と周囲に語っていて、政権中枢に仙谷氏らを据えることで「民主党らしさ」を取り戻し、内閣支持率回復につなげたい考えのようだ。この「新トロイカ」が主導する新政権の特徴が「脱小沢」になるとの見通しに反論する声は少ない。仙谷、枝野両氏とも、「反小沢」の筆頭格。菅氏は「ポスト鳩山」への意識からか、小沢氏との表だった対立は避けてきたが、新政権の人事では「反小沢」「非小沢」の登用で「小沢外し」に走るとの見方が専らだ。小沢氏が自由党を解党して民主党と合併したのは2003年。この時の代表は菅氏だった。その後、小沢氏が権勢を誇るようになり、「オリジナルメンバー」には、「庇(ひさし)を貸して母屋を取られた」との不満が募った。

 小沢氏は自らの資金管理団体「陸山会」を巡る事件で、近く、検察審査会の2度目の議決を受ける。再び「起訴相当」と判断される場合に備え、「今から小沢氏と一線を画していた方が得策」(菅氏周辺)との判断もあるようだ。「小沢氏の側にも検察審査会の心証を意識して、当面は静かにする動機がある」と見て、今が「脱小沢」の好機だとする分析もある。

 仙谷、枝野両氏は、前原国土交通相が中心の「凌雲会」に所属している。政策や政治理念でも、菅氏とは微妙な距離があるとも指摘されている。ただ、菅氏自身は「自分が首相になったら官房長官は仙谷さん」と、早い段階で決めていたフシがある。菅氏が理想とする官房長官像は「中曽根内閣の後藤田正晴官房長官」。警察官僚出身で、ペルシャ湾への掃海艇派遣を主張した中曽根首相に「閣議でサインしない」と抵抗した姿に、弁護士で、菅氏との激しい議論も辞さない仙谷氏を重ねているのだ。

 一方、枝野氏は政治の幅を広げるためにも「政策より党務をやりたい」と国対や党内調整に意欲を示していたという。幹事長の要職は望外とも言えるが、菅氏は「仙谷―枝野」ラインで、絵に描いた餅と化した「政府・与党一元化」を再構築する狙いもあるようだ。(政治部 円入哲也)

国と自治体、ユニット型特養の整備で“温度差”(医療介護CBニュース)
新たなるカルチャー発信拠点「TABLOID」(Business Media 誠)
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
野党4党 議長不信任案を提出 議運は上程せず(毎日新聞)
51歳男、痴漢で猶予中にまた…(読売新聞)

後発品薬価収載、新規参入はキサラタンなど5成分37品目(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月28日、後発医薬品79成分197品目の薬価基準収載を官報告示した。このうち、後発品が初めて参入したのは、緑内障・高眼圧症治療剤ラタノプロスト(先発品はファイザーのキサラタン点眼液0.005%)や、抗がん剤ゲムシタビン塩酸塩(日本イーライリリーのジェムザール注射用200mg、1g)などの計5成分37品目で、ラタノプロストには最多の22品目の後発品が参入した。

 このほかの初参入は、「抗がん剤ドキソルビシン塩酸塩(協和発酵キリンのアドリアシン注用10)」の4品目、「抗真菌剤ラノコナゾール(マルホのアスタット軟膏1%、クリーム1%、外用液1%)」の3品目、「免疫抑制剤ミゾリビン(旭化成ファーマのブレディニン錠25、50)」の2品目。ゲムシタビン塩酸塩は6品目だった。

 ラタノプロストとゲムシタビン塩酸塩については先発品が、4月から試行的に導入された、一定の条件の下で特許期間中の医薬品の薬価が下がらない「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」を適用されているが、後発品の薬価算定は、加算を適用する前の、市場調査に基づいた実勢価格に七掛けする通常の後発品の薬価算定方法が用いられている。

 また、先発品と組成や剤形区分、規格が同じものが、既収載品と今回の収載品を合わせて20品目を超えた後発品で、最低価格に九掛けして薬価を付けたのは、抗血小板薬サルポグレラート塩酸塩(田辺三菱のアンプラーグ錠)の1成分4品目。

 薬価収載されたのは68企業で、このうち収載品目数が最も多かったのは沢井製薬の19品目。以下は、東和薬品の13品目、ニプロファーマ、マイラン製薬の各9品目、共和薬品工業、長生堂製薬の各8品目と続いた。なお、収載品目数が多い企業の常連で、薬事法違反による業務停止処分を受けた大洋薬品は、薬価基準収載を見送ると4月に発表している。

 今回の収載希望品目は249品目で、このうち収載希望が取り下げられた品目は45品目、告示不要品目は7品目だった。収載希望取り下げの理由について、厚労省の担当者は「販売体制の整備が水準に満たなかったこと」「安定供給に不安があったこと」を挙げている。


【関連記事】
日本の後発品市場「非常に興味ある」―サノフィCEO
初の国産バイオ後続品を新発売
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益
5月薬価収載見送り、製造販売品目見直しへ―大洋薬品

<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)
神戸市職員のPC転売詐欺、損害は7千万円以上(産経新聞)
党本部推薦に県連反発、自民が宮城で分裂選挙へ(読売新聞)
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし(産経新聞)
<こち亀>麗子像「スタイル守る」 制作会社現場確認、補強など対策検討(毎日新聞)

参院宮城に民主県連幹部=渡辺氏「勇気ある議員続出を」―みんな(時事通信)

 みんなの党の渡辺喜美代表は14日夜、参院選宮城選挙区(改選数2)に民主党宮城県連選対委員長の菊地文博県議(50)を公認候補として擁立することを明らかにした。仙台市内で開かれた菊地氏の後援会会合に出席後、記者団に語った。
 渡辺氏は、民主党からの人選になったことについて「民主党を見限る人たちがこれからどんどん出てくる。民主党のいかさま偽装改革にわたしは腹の底から怒っている。勇気ある議員が続出してほしい」と語った。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

留学生がホテルビュッフェに舌鼓=福岡市〔地域〕(時事通信)
NTT再編「年内に結論」=夏までに行程表―原口総務相が意向(時事通信)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
アスパラガス アスファルト突き破って成長 北海道・美唄(毎日新聞)
<ハーシェル宇宙望遠鏡>巨星の誕生撮った…画像を公開(毎日新聞)

「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)

 日本製薬工業協会(製薬協)は4月21日の理事会で、薬事法違反で行政処分を受けた会員会社の田辺三菱製薬について、同社が就いている副会長、常任理事、理事、委員会の委員長など「すべての役職を解く」ことを決めた。

 製薬協の庄田隆会長は「医薬品に対する信頼を損ねるものであり、誠に遺憾。医薬品の開発に係る各種データの信頼性確保は、医薬品の根幹に関わるものであり、今後二度とこのような違反行為が生じないよう会員会社に徹底していく」とする「見解」を発表した。

 また、庄田会長名で会員会社の代表者あてに、同様の事態が二度と生じないよう、関連会社を含め、全社的に社内管理の総点検、社員の研修など万全を期すよう呼び掛ける文書を出した。

 製薬協の規約で規定されている処分は「除名」「資格停止」の2つだが、どちらも適用されなかった。広報担当者は「役職を解くのは、ここ10年は恐らくなかった。処分が軽いということはない」と話している。過去に規約上の処分を受けたのは、「ソリブジン事件」を起こした日本商事の除名のみ。


【関連記事】
田辺三菱に25日間の業務停止命令
田辺三菱子会社のデータ改ざん、「看過できない重大な不正行為」―日薬
田辺三菱製薬のデータ改ざん問題で近く処分へ―厚労省
国内医療用医薬品は順調に推移―田辺三菱製薬4−12月期決算
大洋薬品に1年間の会員資格停止処分―日本ジェネリック製薬協会

首相元秘書に禁固2年、執行猶予3年の判決(読売新聞)
うつ病チェック、健診で…来年度から実施へ(読売新聞)
被害者のバッグ発見=78歳強殺−山口県警(時事通信)
愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)
老人保健施設で94歳女性死亡=複数の打撲跡、傷害事件か−愛知(時事通信)

警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)

 盗難自転車の捜査書類にうその被害者名を記載したなどとして、京都府警は15日、東山署の男性警部補(53)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。警部補は同日、虚偽公文書作成・同行使容疑で書類送検され、依願退職した。また当時の上司の男性警部(57)が監督責任を問われ、所属長注意となった。

 府警によると、警部補は平成19年8月、民家の前に防犯登録が削られた自転車があるのを発見。家主に確認したところ道で拾ったと話したため、占有離脱物横領事件として処理しようとした。

 ところが本来の持ち主と連絡が取れなかったため、知人女性に頼んで名前を借り、同9月に微罪処分手続き書に被害者として記載したという。警部補は「活動実績を上げて評価を高めるためにやった」と話しているという。

【関連記事】
なるべく事件を“小さく”… 証拠のカッターの刃を短くした容疑で警部を書類送検
好きでたまらん!定年近い交通課長がセクハラ
警部自殺は「パワハラ原因」 遺族が元上司ら提訴
美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴
警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検 「気持ちエスカレート」
外国人地方参政権問題に一石

<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
宗達「松島屏風図」複製 100年ぶり堺に里帰り(産経新聞)
「哀れでますますいかれた鳩山首相」…米紙酷評(読売新聞)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
官房長官、なお徳之島3町長との会談模索 会談要請は「独断で」(産経新聞)

寛仁親王殿下が5月にトルコへ(産経新聞)

 寛仁親王殿下が、5月にトルコを公式訪問されることが16日の閣議で了解された。

 宮内庁によると、寛仁さまはイスタンブールに向けて5月1日に出発、4日に同地を出て5日に帰国される。「2010年トルコにおける日本年」の友好祝賀式典や、日本の古美術を集めた展覧会の開会式などに出席される。寛仁さまは「日本年」の名誉総裁を務められている。

【関連記事】
不整脈の寛仁親王殿下がご退院 佐々木研究所付属杏雲堂病院から 宮内庁
寛仁親王殿下の長女、彬子さまが英国留学終えご帰国
憲法改正案を国会に提出 トルコ、国民投票の可能性
米下院、アルメニア人「虐殺」決議を可決 トルコは大使召還
政府転覆計画の捜査、穏当決着で合意か トルコ政府・軍
外国人地方参政権問題に一石

無料であらゆるムービーファイルを一発でまとめてH.264形式に変換できる「DivX Plus Converter」の使い方
政治とカネも普天間も、首相「心配ご無用」(読売新聞)
短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める(産経新聞)
各閣僚「鳩山首相支える」=普天間で進退論を否定(時事通信)
母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷−愛知県警(時事通信)

<将棋>三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)が第一人者の力を見せて防衛するか、初挑戦の権利を得て勢いに乗る三浦弘行八段(36)が奪取するか。東京都文京区の椿山荘で8日に始まった第68期名人戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)。将棋ファン注目の開幕局の戦型は、横歩取りになった。

 立会の大内延介九段や川端達夫文部科学相らが見守るなか、記録の渡辺愛生三段が羽生の側の歩を5枚取り上げ、手の中で振ってから宙に投げ出した。絹布の上に落ちた駒は「歩」と「と」が2枚ずつで、1枚は立った状態。先後は決まらなかった。再び行われた振り駒は「と」が3枚で、ようやく三浦の先手番と決まった。

 羽生と三浦の対戦成績は羽生の16勝6敗。03年2月以降は羽生が10連勝しているが、このうち8局が横歩取りだった。両雄が得意にしている戦型だ。それでも、2人とも時間を使って慎重に指し進めた。【山村英樹】

【関連ニュース
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
学生将棋選手権:早稲田大Aが優勝…団体戦
ひと:久保利明さん 王将を獲得、2冠制覇の棋士に
将棋:久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け
将棋:王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利

踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響 京都・大阪(産経新聞)
衝突「広がったら怖い」=邦人犠牲に困惑も−帰国の駐在員、旅行者ら・成田空港(時事通信)
【注目ワードコラム】千原ジュニアが伝授する、渋滞回避の方法とは
「反民主」平沼新党、きょう夕に結成会見(読売新聞)
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし−ソマリア海域(時事通信)

病腎移植3例目始まる(産経新聞)

 徳洲会グループは6日、臨床研究3例目となる病腎(修復腎)移植手術愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で開始した。万波誠医師(69)の執刀で行われ、午後にも終了する見通し。

 病院によると、手術は愛媛県内の50代の腎がん患者の男性から、透析治療を続ける県内の50代の慢性腎不全患者の女性への移植。同病院は病腎移植を昨年12月末、約3年半ぶりに臨床研究として再開し、1例目を第三者間で、3月に2例目を夫婦間で実施した。

【関連:臓器移植】
[親族への優先提供] 自殺者からは認めず
[親族への優先提供] 世界でも類を見ない制度の是非
改正臓器移植法どう変わるの? 問題点を探る
臓器移植A案可決に「やったー」 泣き崩れる遺族も
移植臓器提供者の9割以上が死刑囚 中国誌報道
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社−長野(時事通信)
花見 好天も後押し東山動植物園に3万5500人 名古屋(毎日新聞)
<訃報>藤井黎さん79歳=元仙台市長(毎日新聞)
夫に火を付けられ入院中の妻、死亡 茨城・美浦(産経新聞)
北沢防衛相が仲井真沖縄知事と会談=普天間移設めぐり(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。